はじめまして。わたしは、このコーナーの案内役のタマです。タマチャンと呼んでもらえるとうれしいナ……!!!
何でネコがでてくるか?
 よくぞ聞いてくれました。タマチャンは名前から想像つくとおり、このサイトの多摩消費者住宅(株)のボスのペットなんだけど、最近、寝てばかりいられないのよー。それというのも巷では「いい家がほしい・・・」とかいう本が売れているらしいけど、「いい家」って何なのよ???  ボスはさー、平成7年に「健康な住まいづくりの会」というのを立ち上げて、読売新聞にも紹介されたのよ。そのころから、住まいは安全で、健康に、そして快適に暮らせなくてはいけない。また、快適に暮らすための冷暖房が、地球温暖化を招かないように省エネルギーですむような家づくりをしなければ・・・と、セミナーなんかをやったりするんだけど、家づくりは現場が第一だとかいっちゃてさー 現場にばかり行ってしまってタマチャンと遊んでくれないばかりか、営業にも手を抜いてさー、ホームページもほったらかしで、いつになってもつくらないのよ。そこでタマチャンが乗り出したっつう訳なのよ。  ほんと、大変なのよ・・・
 タマチャンの言うことは、ボスとお客さんとの話しや、ボスの書いていたメモを見たり聞いたりした事だけど、かなり役に立つと思うよ。なんってたってネコは快適にはうるさいからねー。生涯をかけて快適な寝場所をさがし求め、冬はあそこ、夏はここと、狭い家の中でも一番快適な温度環境の場所を選んでいるんだからー。えらいでしょっていったらボスは笑って、それは家の性能が悪いんだ。本当の健康住宅は、家の中に温度差が出来ないんだって。そういう高性能な住宅を造らないと、健康・快適には暮らせないんだって。そんな家ならタマチャンなんか、いつでも、どこでも眠れるでしょ。最高だよねー。
 そー言えばまえに集会で会ったノラが面白いことを言っていたっけ。東京のノラ暮らしは、冬より夏のほうが大変なんだって。冬暖かいところはすぐ見つかるけど、夏の涼しいところは見つからないんだって。安全そうなところはエアコンの室外機の風で暑くってってこぼしていたよ。都市型気候・地球温暖化ってやつだよネ。ヒートアイランド現象とも言うんだってね。住みにくくなったよね。
タマチャンもエアコンなしでは眠られないネ。だから環境に配慮した住宅(石原都知事はこれをエコピアとなずけた)を造らないといけないのよ。そうでしょ。ではどうすれば、良い家ができるかって?? あわてないでよ。簡単にはできないのよ。 次を読んでよ。